協会理念「からだ革命」

からだ革命

「背骨コンディショング」を世界に拡め、不治・難病・治りづらかった症状で苦しむ人々に心身の真のいやしと平安が訪れるようにします。

私たちは「特化したプログラム」を携え、自分を愛するように隣の人、特に先ず弱きを覚えている人の気持ちになる、
真の愛を持つ指導者を多く輩出する事により社会に貢献し、からだ革命を推進します。

特化したプログラム

  • 事実に基づき導かれた新たな理論による他に類をみないプログラム
  • 経験と実践に裏打ちされた、知識と技術に富む指導力

 

「背骨コンディショニング」新たな(医療)理論

 

  • 仙腸関節可動理論
  • 神経牽引理論

協会のビジョン・目標
「医療費1兆円削減」

2015年より背骨コンディショニング協会では、10年後に国民医療費(約40兆円/年)を1兆円減らそうとの目標を立て、活動しています。背骨コンディショニングの優れたセルフケアのメソッドを広め、また背骨矯正の技術をもつスペシャリスト3,000人を養成することで、運動で治せる症状の手術を回避し、医療費のかからない社会を目指します。背骨コンディショニング協会は、必要な富が本当に必要な所に届くよう願っております。

背骨コンディショニング 創始者
背骨コンディショニング マスター
背骨コンディショニング スペシャリスト

北海道札幌市生まれ札幌市在住
日本最大手スポーツクラブ第1期フィットネスディレクターとして、フィットネス、アスリート、不定愁訴改善等さまざまな運動プログラムを開発・プロデュースし、その後独立し、聖書の『いやし』をヒントに「背骨コンディショニング」を考案。

「日本イエス・キリスト教団・札幌羊ケ丘教会」教会員
R&Rバンド「シルウェッツ」BASS

代表挨拶〜背骨のゆがみは万病のもと〜

背骨のゆがみはそこから分布している神経の過度の緊張を生み、その結果肩こり・腰痛に代表されるカラダの痛み、筋肉のハリ、各関節の痛み・炎症、各所の冷え むくみ、内臓の不調等々さまざまな症状を引き起こします。背骨コンディショニングは、この背骨の歪みを体操や手技により改善する事によって、症状の改善・ 緩和を目指していくものです。

沿革

  • 2001年  日野秀彦が札幌厚別南と西地区のサークルとしてで背骨コンディショニングを始める
  • 2003年  インストラクター認定開始
  • 2004年 12月自由が丘にて日野秀彦氏の矯正開始
  • 2009年 背骨コンディショニング協会、発足
  • 2014年  一般社団法人背骨コンディショニング協会を設立
  • 2016年 学校法人 国際学園九州医療スポーツ専門学校とライセンス契約し、同校に背骨コンディショニングの認定プログラムを導入[3]
  • 同年 6月初のムック本「仙骨つき 寝るだけで腰痛が消える!背骨コンディショニング」宝島社より発売
  • 同年 10月 オーストラリアで初の日野秀彦 矯正・体験会開催
  • 2017年 1月月刊誌「わかさ3月号」(わかさ出版)メニエール病・突発性難聴「背骨コンディショニング」特集記事 
  • 同年 2月鈴鹿回生病院で仙骨の動きを3D CTを使用し実験
  • 同年 10月  協会より「仙骨枕」特別販売
  • 同年 12月8日 SYMPO2017  品川インターシティホールにて開催 石井直方氏・杉田正明氏 ゲスト講演
  • 2018年 3月「わかさWEB」に特集連載記事
  • 同年 4月「背骨コンディショニングインストラクター教本」完成・発売
  • 同年 5月「新 ベーシックBOOK」完成・発売
  • 同年 10月 台湾台北で初のインストラクター19名が誕生する(海外ではHINOMETHODで広まる)
  • 2019年 5月「背骨の日イベント」
  • 同年 6月 東京でオリンピック参画プログラム 歩く・走るがもっと楽になる背骨コンディショニングを開催
  • 同年 10月指導者数600名以上

協会概要

協会名 一般社団法人 背骨コンディショニング協会
代表理事 日野 秀彦
お問い合わせ先 協会事務局

kouza@sebone-c.org

電話06-6320-3399

10:00〜16:00

※土・日・祝日は除く

取材や講演イベント依頼もこちらにお問い合わせください

協会本部所在地 〒533-0033

大阪市東淀川区東中島1丁目20-12

ユニゾーン新大阪926号室

電話06-6320-3399

協会事務局所在地 〒533-0033

大阪市東淀川区東中島1丁目20-12

ユニゾーン新大阪926号室

電話06-6320-3399

ホームページ https://www.sebone-c.org/